会社沿革

昭和37年
1月会社設立(資本金3,000万円) 代表取締役社長に酒井慶一就任
6月射出成形機3台にて生産開始
9月大阪営業所(現 大阪支店)開設
昭和39年
1月製品組立工場完成(770㎡)
昭和41年
7月資本金4,000万円に増資
昭和45年
12月「ビジネスカセッター」発売開始
昭和46年
5月東京営業所(現 東京支店)開設
昭和47年
8月「ホームカセッターシリーズ」発売開始
昭和49年
8月代表取締役社長に酒井 哲就任、同会長に酒井慶一就任
昭和50年
5月薬剤収納用「ホスピタルカセッター」発売開始
昭和51年
10月名古屋営業所開設
昭和54年
8月資本金5,000万円に増資
昭和56年
5月病院向け「ワゴンシリーズ」発売開始
8月シリコーンゴム製品生産開始
昭和57年
1月福岡営業所開設
4月創立20周年記念式典
昭和59年
9月資本金8,000万円に増資
昭和62年
1月東京に販売本部を開設
7月金属加工部門新設
 デンタル用商品発売開始
昭和63年
8月資本金9,600万円に増資
平成2年
10月バイラム社(デンマーク)と業務提携 病院向け木製キャビネット発売開始
平成3年
6月東京ショールーム完成
平成5年
9月代表取締役社長に酒井哲夫就任、同会長に酒井 哲就任
平成6年
9月札幌営業所開設
12月病院向けアルミ製カートの発売開始
平成7年
1月木材加工部門新設
平成9年
10月本社ショールーム完成
平成10年
1月仙台営業所開設
平成11年
7月スーパーエンプラの大型成形開始
平成12年
3月非接触ICカード式薬品保管庫を発売開始
7月キャンブロ社(アメリカ)と業務提携 メディシェルフの医療機関向け発売開始
 ハムレット社(ドイツ)と業務提携 針ボックス、ランドリーカート発売開始
平成15年
1月盛岡営業所開設
平成17年
6月木材加工部門 加工機械増設(3台)
東京支店移転、ショールーム開設
平成18年
9月「コンパクトカート」発売開始
12月マシニングセンタ増設
平成19年
8月大阪支店ショールーム完成
9月タックキャリア生産、発売開始
11月木材加工機ベンチャー21増設
 マシニングセンタ増設
12月第1戦略棟完成
平成20年
4月「ハーモプラス システム」発売開始
11月「ハーモプラス システム」グッドデザイン賞 受賞
平成22年
7月アルミカート出荷5万台達成
平成23年
6月射出成形機2台増設(650t、350t)
平成24年
1月創立50周年(記念植樹 平成23年11月)
平成25年
12月射出成形機増設(1300t)
平成26年
1月マシニングセンター(5軸)増設
名古屋営業所移転、ショールーム開設
2月第2戦略棟竣工
3月三次元測定機増設