技術を高める

技術を高める
  • 金型製造・メンテナンス

    金型製造・メンテナンス

    加工や組み立ての際に用いる治具工具や省力器を自社内で製作しています。同形状の商品ならば、作業担当者の経験や熟練度に関わらず精度のバラつきを最小限に抑えることができ、生産効率が大幅にアップ。大量生産・低コスト化を実現しています。

  • 素材開発・研究

    素材開発・研究

    より優れた耐久性と安全性のある新素材の開発をめざし、さまざまな実験と研究に取り組んでいます。材質実験、耐久実験、耐摩耗実験、耐熱実験、耐薬品実験…。新たな素材は地道な努力の積み重ねから誕生するのです。

第2戦略棟

2014年、新工場が竣工しました。最新鋭の加工機械を設置し、生産技術と研究設備を終結させた「第2戦略棟」です。ヘルスケア部門のキャビネット・カートのグローバルNo.1をめざす第1戦略棟に対し、この新工場はスーパーエンジニアリングプラスチックの大型成形、新構造材の開発、ロボット技術の研究、そしてグローバル化への模索を行う拠点となります。現在は半導体ウエアーの搬送ケース、動物飼育用ゲージなどを手掛け、スーパーエンプラ中・大型成形品の「駆け込み寺」となることをめざしています。また、社内外の人々の交流拠点となるオープンラボも設け、お客様とサカセの新たな繋がりを創造していきます。

デジタルカタログライブラリー