各部門紹介

企画・開発

ニーズに応える柔軟な発想から、
新しい商品が生まれます。

『営業マンだけが市場の最前線にいるのではなく、社員のすべてが最前線にいる。』
私たちサカセは、そう考えています。
お客様の声を忠実に商品に反映させるためには、開発スタッフ、技術スタッフのみならず、全社員すべての部門がお客様の動向を敏感に感知することが肝要です。
サカセは長年のヘルスケア部門で蓄積されたノウハウ、卓越したプラスチック加工技術でお客様のニーズに素早く柔軟に応えます。
そうして生み出された商品こそ、サカセが培ってきた企画・開発・技術の成果なのです。

企画・開発イメージ
商品開発フロー(マーケティング)

技術

最先端技術は、
経験より生まれ、育っていく。

サカセが持つ固有の技術は、社員個々の経験の積み重ねが生んだ所産です。
お客様のニーズに応える最適な商品を生み出す技術は、専門書に書かれた先端基礎技術の知識だけで生まれるわけではありません。製造現場を通しての試行錯誤が本物の生きた応用技術を作り上げていくのです。プラスチック成形技術、金属加工技術、金型製造技術、木材加工技術、シリコーン樹脂成形技術、素材複合化技術、生産管理技術、メカトロニクス技術、アセンブリー技術など、サカセは製造経験を通し、最先端の応用技術を習得しています。
そして、今後もお客様の様々な要望に柔軟に応えるべく、最先端技術を身につけるための努力を惜しみません。

挑戦への意欲と高いハードルが
新しい固有の技術を生む。(シーズの大切さ)

お客様の『ニーズ』は貴重な財産です。
お客様のニーズに応えることによってメーカーであるサカセは、育てられ、成長してきました。しかし、サカセは、『シーズ』によって商品を生みお客様に新たな提案をすることも重要であると信じています。そのための各最先端技術のトレンド、それを取り巻く社会システムのトレンドなど深く時代を見つめ、必要不可欠な技術の習得を目指しています。
サカセは、『シーズ』を通して、新たな挑戦に燃えています。

技術イメージ

製造・生産

何故こだわるのか?
自社生産に。

『高い品質と短納期を実現する。』
メーカーとして当然のことです。
高い企画力があっても優秀な販売力があってもそれだけではお客様のニーズに応えたとは思っていないのです。
サカセが『自社生産』にこだわる理由がそこにあります。
アウトソーシングがもてはやされる時代の中で未だに愚直に『自社生産』にこだわっているのです。
サカセに対する高い評価の源泉がそこにあると考えるからです。その上でサカセは、多様化する市場に対応するためネットワーク型の生産システムによるアライアンスを構築しています。

製造・生産イメージ
製造図
デジタルカタログライブラリー